忍者ブログ

2006年3月30日生まれの泣き虫・長男 2007年9月16日生まれの悪ガキ・次男 必殺仕事人・高齢ママ 働き者で孫には優しい大ママ ・・・・たま~にパパ 普通の暮らしが幸せなのさ(^^)v

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
プロフィール
HN:
Akira-mama
年齢:
49
性別:
女性
誕生日:
1967/08/19
職業:
金庫番
趣味:
料理って書いてみたい!
最新コメント
[08/05 Edwardma]
[10/06 あこ]
[10/05 みれいゆ]
[10/05 hana]
[10/05 tommy]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今週の初めに、4月からの新規入園決定書が区役所から送付されているらしい。

我が家は関係ないが、長男・次男の同じクラスのママ達からの話によると、ここ2~3年、かなりの激戦らしい。

確か、次男が0歳児クラスに申し込んだときも、定員9名に対して応募が100名近くあった。

長男のクラスには今年の4月から、弟・妹の入園を狙っていたご家庭が(私が知っているだけで)5名ほどいた。

望みどおりに入園許可が下りたのは1名だけ。

「はずれた」方々は、欠員が出るまでの間、兄弟バラバラの保育園に通うことになる。

中には、第二希望を出していなかったために、空きのある保育園を探したら、なんと!10km離れた保育園にしか空きがない!という方もいた。

わが身に置き換えて考えてみると、ゾッとする。


少子化問題がどーの、こーのと、大臣?対策室?まで置いて対策しているはずなのに、結果はこの通り。

少し前のニュースで、子供を抱えている母親の残業免除なんて記事があったけど、全くお門違い!

仕事を持つ母親達が望むことは、安心して子供達を預けられる保育園・託児所(多少の熱でも預かってくれる看護士付託児所等)の環境完備だ。

母親達も、もっと積極的に「ご近所付き合い」をして、ちょっとの間なら子供を預かってくれるような知人・友人・シルバー世代を味方につける必要がある。

子供は家庭内だけで育てちゃ駄目だよ!
ヒマヒマしてるシルバー世代は子育ての大先輩だから、味方につけて損は無い!

せちがらくて、物騒な世の中だけど、もっと子育てを楽しまなきゃね!

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Designed by 桜花