忍者ブログ

2006年3月30日生まれの泣き虫・長男 2007年9月16日生まれの悪ガキ・次男 必殺仕事人・高齢ママ 働き者で孫には優しい大ママ ・・・・たま~にパパ 普通の暮らしが幸せなのさ(^^)v

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
プロフィール
HN:
Akira-mama
年齢:
49
性別:
女性
誕生日:
1967/08/19
職業:
金庫番
趣味:
料理って書いてみたい!
最新コメント
[08/05 Edwardma]
[10/06 あこ]
[10/05 みれいゆ]
[10/05 hana]
[10/05 tommy]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我が家の近くの商店街に黒いラブラドールレトリバーを看板娘にしているカバン屋がある。

私が中学生の頃から看板娘をしているので、もしかしたら2代目かもしれない。

かなり大規模なアーケイド商店街の入り口近くにその店はあり、人通りはかなり多い。
老若男女、誰が寄ってきても大人しく触らせてくれる。
犬連れの客でも決して吠えたり威嚇したりしない賢い犬だ。
しっかりと「看板娘」たる躾がされている。

長男は犬が大好き。(まあ、戌年だから当然かもしれないが・・・)
私は、散歩中の犬に触らせてもらうときには必ず飼い主さんに
「触らせてもらってもいいですか?」と聞くことにしている。

飼い主にも犬にもイロイロな事情があるだろうから、了解を取ってから、触り方を教えて、親も一緒に触らせてもらう。
長男はまだ3歳前だから当然だ。


件のカバン屋でも長男が触りたがったので、店の方に了解を取ろうとしたら、犬がコソコソと店の奥へと逃げていった。

店の方曰く、子供たちが犬に触ろうと寄ってきては、犬の尻尾を踏んづけたり、目の中に指を突っ込んだり、ひどい時は笑いながら蹴っ飛ばしたりナドナド、散々痛い思いをさせられてきたから子供嫌いになってしまったとのことだ。


親の顔が見てみたいっ!


子育てにおいての放任主義は野放しとは違う。
子供に気に入られる親でいることが、どんなに無駄なことか早く気づいて欲しい。
陰湿なイジメ、安易な殺人、、、学校や社会やゲーム会社が悪いんじゃなくて親の躾が悪いのよ!
親が自覚を持って変わらなければ、子供は変わりようがないじゃない!
お怒りモードのポチッとな!
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Designed by 桜花