忍者ブログ

2006年3月30日生まれの泣き虫・長男 2007年9月16日生まれの悪ガキ・次男 必殺仕事人・高齢ママ 働き者で孫には優しい大ママ ・・・・たま~にパパ 普通の暮らしが幸せなのさ(^^)v

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
プロフィール
HN:
Akira-mama
年齢:
49
性別:
女性
誕生日:
1967/08/19
職業:
金庫番
趣味:
料理って書いてみたい!
最新コメント
[08/05 Edwardma]
[10/06 あこ]
[10/05 みれいゆ]
[10/05 hana]
[10/05 tommy]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我が家の長男、次男ともに「昭和チック」な名前である。
ぱっと漢字を見て「読めない」とか「読み間違え」などは全く発生しえない。

保育園に通っていると、クラスごとの連絡網が手渡される。
子供の名前と電話番号が書いてあるシロモノである。
近年、個人情報保護という名の下に、連絡網を廃止している所も多いと聞くが、2人が通っている保育園は「外部に漏らさないでくださいね」との注釈つきで渡される。
私は特に抵抗は無い。

さて、本題。

長男の2才児クラスは合計24名。男女比は半々。
次男の0才児クラスは合計9名。男5名、女4名。
改めて連絡網を眺めてみると・・・・半数以上の名前が素直に読めない。

普段、先生たちの会話や、呼びかけ、長男の口から「○○○ちゃん」と音では聞いてわかっているけど、実際、漢字を見るとスゴイ事になっている。

西欧人のような名前に無理やり漢字を当てはめたモノ。
相撲取りの「四股(シコ)名」のようなモノ。
江戸・明治時代のようなモノ。
アニメの主人公の名前。
ディズニーのキャラクターの名前。

今は、存在するだけで可愛いからまだいいけど、成長するに従い、本人はどう感じるのだろうか。
まあ、周りも似た様な名前だから気にならないのかな?
ママが育った頃のような「男は○○男、女は○○子」のような時代がまた巡ってくるのだろうか。

一生ついて回るモノだけに、それぞれの親たちは真剣に考えたことだと思うが、60年後には「コナン爺さん」や「ミニー婆さん」が登場するのだ!

どんなに良い名前をつけても、英才教育をしても、良い人生を送れるかどうかは本人次第なんだけどね(^^)v
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Designed by 桜花